1/3
磯笛岬展望台(ツバスの鐘)
国道260号線をメロンの産地・南張へと向かう途中の海抜100メートルの中腹にあたり、太平洋が一望できる景勝地。好天日の夕景は「千金の値」あり。海女と漁師の悲恋物語からその名がついたという。展望台に立つ「ツバスの鐘」は鳴らすと出世と幸運に恵まれるといわれている。
ビン玉ロード
真珠養殖等、漁具として使われていたビン玉をオブジェとして海岸沿いの約1kmに設置してあり、夜は灯りが灯る幻想的で情緒あふれる夜のイチ押し散策道。
伊勢えび大王像
国道260号沿いに立つ伊勢えび王国・浜島のユーモラスでユニークなキャラクター。2018年11月にビン玉ロードの案内大使に任命されました。ビン玉のネックレスをまとい、暗い夜道でも皆さんをビン玉ロードまで安全にご案内します。黒潮シーサイドウェイを訪れたら、伊勢えび大王像をバックにして記念撮影でもいかがですか。
鼻かけえびす像
大漁と海上安全に恩恵のあるえびすさん。漁師たちがいち早く漁場に着けるように端(ハナ)を取ることにちなんで、鼻を削ってお守りにする風習が今も残っています。
伊勢えびモニュメント
大阪・道頓堀よりお嫁入りした全長7mの伊勢えびモニュメント。春になると桜が咲き乱れるお花見スポットです。
志摩の漁村の暮らし・文化・漁業というものを学び・体験できる施設です。天然のミニ水族館と呼ばれるタイドプール(潮が引いた後の潮だまり)を自然に近い形で再現しています。潮が引いたときの磯のおもしろさを、獲物を自分の手で捕らえた時の感動を、自分で調理した魚介類のおいしさを体験してほしい。そんな思いから、漁業というものを学び・体験できる磯体験施設「海ほおずき」は生まれました。
矢取島
浜島港近くに浮かぶ緑の小島。その昔、豊玉姫命が、夫や子どもへの恋しい想いを矢文に託し、この島へ放ったという云われが残っています。
夢海道チップアート
夢海道沿いに鮮やかな色づかいで花を添えるチップアート。地元浜島在住の画伯・柴原皖氏の作品をモチーフにしたカラフルなモザイク絵画が出迎えてくれます。

大矢浜海水浴場(BIG ARROW BEACH)

|運営|一般社団法人志摩スポーツコミッション

|住所|〒517-0501 志摩市阿児町鵜方2944-254

​|電話|0599-44-4450 FAX|0599-44-4460

  • TripAdvisor
  • Facebook
  • Instagram

©2020 一般社団法人 志摩スポーツコミッション

夢街道チップアート